ストップ・イン・ザ・アルコール

アルコール(お酒)の病気特に成人病などによる影響力はハンパじゃありません!

程よくお酒と付き合いましょう


皆さんはお酒は好きですか?今では、飲まれる方も多くなっていますよね。

「百薬の長」なんていわれているお酒。

適度な量であれば、身体にとって有効的な作用というものも考えられます。

冷え性の改善などもそうですし、ストレスの緩和などと行った効果も期待できますよね。

また、多くの人とお酒を飲むという場合でしたら、コミュニケーションツールの1つともなるかと思います。

お酒があるからこそ、仲良くなれる・より楽しく会話が出来ると感じている方も多いのではないでしょうか。

しかしながら、それらは「適正量」といった観点でのお話です。

飲みすぎてしまうなどという事になると、健康被害も考えられますので注意が必要となるでしょう。

またお酒の種類というものも色々とありますよね。

中には糖質・炭水化物が高いものも。

こうしたものを大量に摂取してしまうことで成人病のリスクも高まるかと思いますので、羽目を外しすぎないようにすることもまた大切となってくるでしょう。

更に、ダイエット中であるなどという方はお酒の量を控えめにすることをオススメします。

カロリーも高いものが多いですので太ってしまう・ダイエットが効率的に進まなくなってしまう原因ともなるんですよ。

もし、お付き合いなどで・・・というようであれば翌日などにコントロールをすると良いでしょう。

程よく飲むことで身体にも心にも良いお酒。

先ずは「楽しく飲める環境」を作ることが大切ですね。

もちろん、そうした時ばかりではなく仕事の付き合いでなんていう事もあるかと思いますが、出来ることならば楽しく飲むということを意識すると良いのではないでしょうか。

そして「もうだめだ」と思う前にお酒をストップすること。

それもまた、楽しむお酒を飲むという事に繋がると思いますよ。

バランスを考えてお酒を生活の中に取り入れて行くことが、何よりも大切になってくるかと思いますので、自分自身のお酒の付き合い方を改めて見直してみるというのはいかがでしょうか。

 

お酒を控えなければいけないタイミング

 

どんなにお酒が好きであっても「このような場合は飲まない方が良い」という事もあるでしょう。

では、具体的にはどのようなことがあるのでしょうか。

先ずは「妊婦・授乳中」の方です。

母体に影響が出てしまいますし、母乳にもアルコール成分というものが出てしまうともいわれています。

ですから、お酒は飲まないようにしましょう。

もし、どうしてもというようであれば、今ではアルコールフリーのものなどがありますからそれらを取り入れてみてはいかがでしょうか。

アルコールはもちろん含まれて居ませんが「味覚」と言う意味においては楽しんでいただくことが出来るでしょう。

そして運動前の方。

心臓に負担というものが掛かってしまいますし、発作などを引き起こしてしまう要因ともなってしまいます。

運動をするようでしたら、しっかりとお酒が抜けてから若しくは運動が終わってから飲むようにしたいものですね。

持病をお持ちの方。

中には、医師によって飲量を加減されている場合もあると思いますし、お薬などによってはアルコール摂取が禁止されているものもあります。

健康を守るためにも、このようなところはしっかりと守るようにしてください。

先ずは健康であること。
これが大切だという事を忘れないようにしてください。

このように、いくつかあげてみました。

タイミングや時期というものを考えてお酒を取り入れることで、安心して楽しむことが出来るかと思いますのでぜひとも考えてみてください。

更新情報

アーカイブ

サイトコンテンツページ

△PAGE TOP